頑張らないように頑張る。

怠惰と努力の狭間

骨髄バンクに登録できない🙏

骨髄バンクに登録したいのに!

登録できない!!

おかあさーん!!!←


💉競泳・池江選手の白血病

先日、2月12日。

競泳の池江選手が「白血病」という診断を受けました。


翌日の2月13日。

ファンや関係者からの励ましの言葉を受けて、再度Twitterに投稿。


僕も昔から献血には通っているので、本文にある「骨髄バンクの登録をした」「輸血、献血をした」というのは非常に嬉しいし、池江選手はじめ他の患者さん達への励みにもなったと思う。


🙏僕「骨髄バンクに登録したいんだけど」

当ブログでも書いているように、僕は献血が好きでよく行っている。

元々は父親が献血に行っていたのを見ていて、「僕も行きたい」というところから行きはじめ、最近は「少しの血液を少しの時間を提供するだけで、誰かのためになるなら」という気持ちで行っている。


『やらない善よりやる偽善』ではないが、誰かのために何かをしたい。


なので、献血だけではなく、臓器移植骨髄バンクにも興味を持ち始めた。

死してなお人の役に立てるなんて嬉しい限りだし、髄液を提供するだけで人が助けられるなら安いもんだ。


ただ、献血とは違い、これらにはリスクが伴う。

臓器移植については、脳死または心停止の場合に適用される。脳死については半分生きているような状態だ。生きているのに臓器提供するなんて、親族はどう思うだろうか。

骨髄バンクについては、健康な人から髄液を抽出する。髄液の抽出のために全身麻酔を行う。健康なのに全身麻酔だ。低酸素脳症やその他合併症になるリスクも伴う。


リスクを伴うし、これらを行うのは親族の同意が必要になる。

なので親に「臓器移植と骨髄バンクに登録したいんだけど」と聞いてみた。

答えは「そういう意思表示をする勇気は素晴らしいけど、やっぱり自分の息子となると怖い。だから、ゴメン。」と言われた。


聞く前から答えは分かってたが、やっぱり駄目だった。


🙅自由意思だからって、生半可な気持ちで意思表示はできない

あくまでも個人的な意見ではあるが、生半可な気持ちで意思表示をする事はできない。


親の気持ちにもなってほしい。

息子が脳死状態になり、ちょうどドナー待ちの患者がいる。 息子が助かる見込みは少ないが、ドナー患者は助かる見込みがある。 息子本人は意思表示をしていたとしても、本当にそれが最適解なのだろうか・・・。

息子が骨髄バンクに登録し、適合患者が見つかった。 数週間後に手術となるが、全身麻酔や手術などに関する同意書にサインをしなければならない。 健康に育ってきた息子だが、これをきっかけにどこかに行ってしまうかもしれない・・・。


患者の気持ちにもなってほしい。

「ドナーが見つかりました!」となっても、提供者が「仕事が忙しい」「そこまでリスクがあるとは思わなかった」「親族からNGが」と言えば、また新たなドナーが見つかるまで待たなければならない。

提供者はその一言で辞退する事はできるが、患者側の精神的ストレスたるや、、、。


リスクも知らず、周囲の承諾も得ず、自由意志だからと意思表示をして、いざその時になった時に困るのは、自分ではなく周囲である。

だからこそ、生半可な気持ちで意思表示や登録するというのは怖い。

骨髄移植のドナー体験記(リンク)

他人のブログではあるが、非常に分かりやすく書かれているので、こちらも見ていただきたい。

agora-web.jp


🙂まとめ

僕は献血という形で今後も協力していくが、骨髄バンク登録や臓器提供について、もっと知見が広まり、意思表示や登録してくれる人が増える事を願っている。

ちなみに僕の父さんは「臓器移植してもいいけど、眼球だけはダメ。黄泉の国で何も見えなくなるから。」と言ってくれた。

父さんは素晴らしい。母さんも素晴らしい。


池江選手の回復も心より祈ってます。


🤔そんな事より、

今回の記事については「そんな事より」って事がないのでパス。

雪が降った日のディズニーでも見て、心を落ち着かせませう。。。

f:id:hanakayui:20190214100607j:plain

f:id:hanakayui:20190214100629j:plain

f:id:hanakayui:20190214100648j:plain

f:id:hanakayui:20190214100704j:plain

ビジネスシーンで`!`を採用すべきか。🤔

「ビジネスシーンではを使うな」などの文献が多々見られる。

ファミレスで薬を飲もうとしたら」の件で昨今話題になっているマナー講師(笑)が作り上げたデマだろうか。

正直、何で使ったらダメなのか意味が分からない。


🗣️✏️「話し言葉」と「書き言葉」

まず、世の中には話し言葉「書き言葉」がある。


話し言葉は対人でないと成立しない。 また、ボディーランゲージや抑揚を用いる事ができるため、強弱を付けたり、感情豊かに伝えたりする事ができる。

書き言葉は対人でなくても成立する。 また、ボディーランゲージや抑揚を用いる事ができない代わりに、「」などを用いて、強弱を付けたり、感情豊かに伝える。


ビジネスシーンにおいてプレゼンテーションスキルは重要であるが、を不採用にする事でプレゼンテーションスキルが著しく低下する。

もうこの時点で結論は出たようなものだが、もう少し掘り下げる。


🙅を不採用にするデメリット

を不採用にする側の意見としては、「ビジネスシーンに感情を持ち込むな」「怒っているように見える」などが挙げられる。


何て浅はかで育ちの悪い傲慢な意見なのだろう。

ビジネスにも感情は必要

まず、ビジネスにも感情は必要である。 もちろん論理や理性も重要ではあるが、人間は感情の生き物であり、感情が生産性に影響を与えるのも明白である。

例えば、ペットが死んだ日には仕事が手に付かないし、恋人ができた日にはいつも以上に仕事が捗る。

それらを否定し、「ペットが死んだからって仕事に遅れを出すな」「恋人できたからって浮かれんな」と言っていては、離職に繋がるパワハラまがいな事この上ない。

それらを肯定し、「ペットが死んで悲しいなら俺がカバーしてやる」「早く終わったから帰っていいから恋人と遊んでこい」と感情に寄り添える人物の方が、よっぽど一緒に働きたいと思える。

は『感嘆符』である

そもそも、はすなわち『感嘆符(exclamation mark)』であり、『感嘆』には喜び・怒り・感心・称賛・悲哀の意味がある。

「怒ってるように見える」と言ってる人は、暗に「私はの意味も知らない浅はかで低能です」と言っているようなものだ。

そして何より言葉の強調のためにも用いられる。これは「」と同じ用途である。 強調したい箇所が分からない文章は、書き手が何が伝えたいのかが読み手に伝わらず、誤った情報伝達が生じてしまう可能性もある。

不採用にする事で、一緒に働きたくない人物の完成

を不採用にする事で、感情や抑揚のない淡白な文章になってしまい、何が伝えたいのかも分からないのでプレゼンテーション力も落ちてしまう。

感情や抑揚がなく淡白でプレゼンテーション力に欠ける人間と働きたいと思うだろうか。僕はそうは思わない。


🙅重要なのは、多用しない事

多用し過ぎると、どこを強調したいのか分からなくなる! 全てを強調している文章は、何も強調していない事と同じである! 抑揚・強弱を付けるからこそ、伝えたい事が伝わるのである! 多用し過ぎるとそれらを阻害する要因となってしまう!

とまあ、こんな感じで、多用してると結局何が言いたいのか分からないし、読んでても疲れる。

これはに限らず、「」などでも同じ事が言える。


🙂まとめ

手垢だらけのやり尽くされた話題だし、味のしないガムみたいな話題だけど、頭の整理のために書いてみた。

おそらくマナー講師(笑)が言い始めた事なんだろうけど、こんなんで飯食ってるのか。飯の味するのかな。


という事で、ビジネスシーンにもを多用して、分かりやすく感情を伝えられるように心がけましょー!


🤔そんな事より、

キャラメルの銀紙で作った折り鶴の親子。

f:id:hanakayui:20190208103156j:plain

たまに食べると美味しいよね、キャラメル。好き。

自分で調整できるモノが好き。🍺

ハイボールとか焼酎じゃなくて、ビールとか日本酒が好き。

電車やバスじゃなくて、徒歩や自動車が好き。

自分で調整できるから。


🙏他人に介入される違和感

居酒屋とか行くとよく分かると思うが、店によってハイボールや焼酎の濃さが違う。 この店は濃いし、その店は丁度いいし、あの店は薄い。

同じ味を求めてるのに、何で店によって味が違うのか分からない。


電車やバスも同じで、運行表があるけど遅延だって起こり得る。 遅延したのは電車やバスのせいなのに、会社や予定に遅れてしまった自分が謝らなければならない。

運行表通りに予定組んでるのに、何でこっちが悪いと思わないといけないのか分からない。


もちろん居酒屋によって味が違うのも分かってるし、電車やバスも精密な運行をしてるのは分かってるし、それを批判するわけではないし嫌いなわけでもない。

ただ、できればいつも通りに動きたい。


🙆自分で調整できるならする

居酒屋であれば、ビールや日本酒は薄くなる余地がない。 冷たさや注ぎ方は店によってマチマチであるが、それでもそこまで大差はない。

電車やバスに関しては、遅延情報や目的地への距離感などを鑑みて、歩けるなら歩いてしまう。 自転車や自動車があるなら尚良い。自分のペースで動く事ができる。 そもそも出来るだけ早く出て、先に到着地でカフェでも入ってる方が精神的に安心する。


🙃おそらく、"短気"で"せっかち"だから

自己分析するに、僕は『短気』であり『せっかち』である。


ハイボールが薄かったり、電車が遅れると、『短気』なのですぐにキレる。

だからこそ先回りして物事を考えて、「他人によって左右されないビールにしよう」「少し早く出て現地で待っておこう」という行動に出る。 これが『せっかち』の部分。


結果的に他人からは、決断が早いようにも見えてしまうし、時間にゆとりがあるように見えてしまう。

周囲に与える影響は結果的に良いものになってはいると思うが、実は性格は真逆である。


🙂まとめ

短気やせっかちが良いとか悪いとかどうでもいいが、『性格』は使い方によって相手に与える印象が大きく印象が変わってくる。

性格そのもので勝負するよりも、その性格をどう扱うかを考えるのが大事であると考える。

だからこそ、自己分析は大事であるし、馬鹿と鋏は使いようである。


🤔そんな事より、

乃木坂46の4期生可愛い。

f:id:hanakayui:20190205152435j:plain

兄貴の影響で、「乃木坂工事中」「欅って書けない」「ひらがな推し」を毎週見るようになってしまった( '-' )

ちなみに乃木坂4期生だと、掛橋・早川・矢久保を注目してる。(左から、岡山・美人・元気)

セブンレイヤーズモデルについて🍰

先日「セブンレイヤーズモデル」というのを目にして、

全く知らない単語だったので、これについて備忘録的に書いてみた。

何でこういう名前にしたんだろう。


7️⃣セブンレイヤーズモデルとは?

市場価値測定研究所では、1998年、能力構造を7段階の階層構造を成す13の能力によって構成される「セブンレイヤーズモデル」を発表しました。
引用元:市場価値測定テストの概要|株式会社 企業変革創造

市場価値測定研究所ってところが作った言葉(しかも登録商標)らしい。 そりゃ知らんわな。

市場価値測定テストは、このモデルをベースに、ビジネス基礎能力、性格特性、それに加え、ストレス度、自立度(ベンチャーマインド)、推定年収の計5つの柱で能力を測定します。 “体・心・技”という構造で市場価値をとらえ、個人の能力を多角的に評価、分析するオールインワン型のテストです。
引用元:市場価値測定テストの概要|株式会社 企業変革創造

心技体か、なるほど。

f:id:hanakayui:20190205152421j:plain
引用元:市場価値測定テストの概要|株式会社 企業変革創造

下から、

  1. 体力・健康維持管理能力
  2. 性格特性
  3. パーソナルバリュー保有能力
  4. パーソナルビジョン策定・概念化能力
  5. パーソナルストラテジー策定・実行能力
  6. リーダーシップ能力/マネジメント能力
  7. 情報収集能力/パソコン活用能力/プレゼンテーション能力/異文化適応能力/タイムマネジメント能力/メンタルマネジメント能力

1が体、2/3が心、4/5/6/7が技。

まず、基礎として「体」を整え、次に「心」を整え、その上に「技」が乗ってくるというわけだ。

逆に言えば、「技」ばかり鍛えてても、「心」と「体」が追いついてないなら無意味。という事だろうか。

1. 体力・健康維持管理能力

特に書かれてる記事が見当たらなかったが、自分自身で健康管理ができているか否かという事だろう。

2. 性格特性

これも特に書かれている記事が見当たらなかったが、自分自身の性格を理解しているか否かという事だろう。

3. パーソナルバリュー保有能力

パーソナル=個人、バリュー=価値。

つまり、自分自身の価値を持っているか否か。

4. パーソナルビジョン策定・概念化能力

パーソナル=個人、ビジョン=展望。

つまり、自分自身の将来像を立てて、概念化できるか否か。

5. パーソナルストラテジー策定・実行能力

パーソナル=個人、ストラテジー=戦略。

つまり、自分自身で戦略を立てて、実行できるか否か。

6. リーダーシップ能力/マネジメント能力

図を見れば分かるように、「リーダーシップ能力」と「マネジメント能力」に分割されている。

これだけ見ても「リーダーシップって何?」「マネジメントって何?」となり兼ねないので、No7にて具体例が示されている。

7. 情報収集能力/パソコン活用能力/プレゼンテーション能力/異文化適応能力/タイムマネジメント能力/メンタルマネジメント能力

「情報収集能力」「パソコン活用能力」「プレゼンテーション能力」が、No6のリーダーシップ能力に該当する。

つまり、自ら情報をインプットし、手段としてパソコンなどの電子機器を用いて、アウトプットするプレゼン力を兼ね備える。これをリーダーシップ能力と呼んでいる。

「異文化適応能力」「タイムマネジメント能力」「メンタルマネジメント能力」が、No6のマネジメント能力に該当する。

つまり、個々人の性格に寄り添って闘争は起こさず、時間にルーズにならず、精神面でのケアもできる力を兼ね備える。これをマネジメント能力と呼んでいる。


🙁これを踏まえて考えてみた

個人的な感想として、3,4,5ができていない人間が多いように感じられる。


まず、自分の価値について真剣に考えられる人間がどれだけいるだろうか。 価値というのは非常に計りづらいものであり、相場も当てにはならず、他人との比較をしないといけない難しさもある。 また、日本人は謙遜する人種であるため、実際の価値より低く見積もってしまう可能性も秘めている。

次に、ビジョンについては「そんな先の事分かんねえよ」「今が良ければいい」という人種が一定数存在する。 確かに将来どうなるかなんて誰にも予測できないし、政治も入れ代わり立ち代わりだし、明日になったら大地震が起きて死んでいるかもしれない。 そういう人に限って、現実的ではなく、非現実的な夢を語りだす。

最後に、ストラテジだが、これには知識や技術が必要になってくる。 最初は机上の空論でも良いかもしれないが、重要なのは「実行能力」なので、机上の空論だと無意味になってしまう。 つまり、実行するためにはそれなりの知識と技術を引っ提げて挑む必要があるが、これは機会に恵まれるか否かなども関わってくるので非常に難しい話である。


それ以外は特に難しくはない。

体調管理なんて早寝早起き朝ご飯でいいし、性格特性なんて自分の過去を振り返れば分かる。 リーダーシップもマネジメントも、小手先の知識と技術だけで何とかなる。(もちろん3,4,5に応じて必要なスキルセットは変わってくるし、小手先だけでは通用しない事も多い)


🙂まとめ

このモデルで最も重要なのは「5. パーソナルストラテジー策定・実行能力」だと思う。

戦略を立てるには論理的思考も将来予測も必要で、そのために必要な知識や技術を身に付ける必要がある。


そして何より重要なのが「実行能力」だ。

このブログでも書いた事があるが、「論語読みの論語知らず」になってはならない。必ず行動に移す必要がある。


🤔そんな事より、

年末に高校の友達とワインバルに飲みに行ったんだけど、これがとても美味しかった。

f:id:hanakayui:20190205152729p:plain

全部で5杯飲んだのかな?そのうちの3杯をこれにしたくらい美味しかった。

www.syurui.co.jp

競争から避けて生きてきた。👍

この前友達と話してて気付いたんだけど、

生まれてこの方、競争社会で生きてない気がする。

意図しての事だから別にいいんだけど。


⚾今までの経歴

このブログでもちょくちょく書いたとは思うが、今まで結構良いポジションに就かせてもらっていた。


小学生時代は、少年野球キャプテン。

中学時代は、卓球部部長と美化委員長。

高校時代は、演劇部部長と生徒会役員。

専門時代は、ダンス部部長とうらじゃ振付師。

社会人になってからも、23歳にして開発リーダー。


常に一番上に立ってきたのだが、野球や卓球や演技が上手かったかというとそういうわけではない。


では、何故任命されたのか。


🙅競争しない選択肢

少年野球では、僕より投球が上手い人、守備が上手い人、打撃が上手い人、走塁が上手い人がいた。

卓球部でも同じ。演劇に至っては演技力はないし、そもそも裏方志望で入部した。


技術を付ければ称賛される。そんな事は分かっている。

小学生の頃を思い出せば分かるが、足の速いヤツが人気で、勉強できるヤツが人気で、面白いヤツが人気だ。

僕よりできる人はたくさんいたのは小さい時から分かっていたし、それに対して「なにくそ!」と思う事もなかった。


むしろ僕は、足の速いヤツを見るのが好きだったし、勉強できるヤツが好きだったし、面白いヤツが好きだった。

そんなこんなで近くにいるうちに、「こいつの良さを生かすにはどうしたらいいだろう?」「僕よりできない人をどうやったら底上げできるんだろう?」と考えるようになってきた。

一人一人を見て、特性を知り、良いところは活かし、悪いところは改善するように努めた。監督や顧問、チームメイトと話をしながら戦略を練っていた。

そういったところが先生に評価され、手を挙げれば色々と任せてもらえるようになってきた。


つまり、「技術」を上げたり「知識」を付けたりせずに、「管理」という面でも称賛される事を見出したわけだ。


☁️技術や知識は青天井で面倒臭い←

技術や知識は青天井で際限がない。


正直いうと、面倒臭い。()

おつむも弱いし集中力もない僕には、もっと面倒臭い。


一方、技術を追い求める人はずっと追い求めるし、それを止めない。

だから、技術ある人にそこは任せて、僕は管理に徹する。


プレイヤーが働きやすいように、マネージャーが管理する。

芸人とマネージャー、俳優とマネージャーのような関係。


もちろん、マネージャーも技術や知識を身につけていないと管理なんかできないので、そこは勉強しなきゃいけないし、僕もしている。

また、管理だって面倒臭い部分はたくさんある。むしろ、技術よりも面倒臭いのかもしれない。

なので、今はエンジニアとして技術力を身につけている最中であり、組織論についても勉強はしている。ちなみにエンジニアとしてもそれなりにできるわよ。←


🙂まとめ

僕は争いが嫌いだし、争うくらいなら身を引く覚悟でいる。

それは昔から変わらないし、そうしてきたからこそ自分のポジションを見つける事ができた。

「戦わずして勝つ」というのは、僕の生き方の一つかもしれない。


🤔そんな事より、

先日友達とディズニーシーに行きまして、ライトニング・マックィーン・ヴィクトリーラップで任命されました。

f:id:hanakayui:20190203160814j:plain f:id:hanakayui:20190203160933j:plain

悲しそうにしてるかなしみ。可愛い。 f:id:hanakayui:20190203161000j:plain

きゅうじゅうごー! f:id:hanakayui:20190203161118j:plain