頑張らないように頑張る。

怠惰と努力の狭間

クーラー設置問題

ここ数年、よく声を聞きますね。

「小中学校にクーラーを設置しろー!」
「職員室だけ付いてるのはおかしいだろー!」
「昔と比べて平均気温上がって来てんねーん!」


分かる。

分かるんだけど、

分からない。

まず、クーラーを誰が設置するのか

国なのか、都道府県なのか、学校なのか、保護者なのか。
それによって、怒りの矛先が変わってくる。


調べたところによると、「千葉県学校教育情報ネットワーク」というサイトを見つけた。
その中にあったPDFがこちら。
(当資料は高校が対象であるため、小中学校がどうなのかは不明。参考まで。)

保護者負担による冷房設備設置に関するQ&A

これによると、

  • 学校の施設設備の設置に関する費用は、県立学校の場合には県が、公立の小中学校の場合には市町村が負担することになる
  • 千葉県にある県立高校のうち、県全体の6割となる77校に冷房設備が設置されており、これらすべて保護者負担で設置された

つまり、国に対して「設置しろ」というのはお門違いであり、
もし国に対して要望したいのであれば、制度から変える必要がある、という事になる。

では、都道府県や自治体に任せればいいのか。
それは、次の設置費用の話が関わってくる。

次に、設置費用の問題

上に示したPDFに記載されていた金額、約1億円を参考にする。

都道府県内の数十校に対して、一気に導入となると、それだけの予算確保が必要となる。
そんな金は、ぽっと出てくるはずもなく、都道府県や自治体の足が止まるのも無理はない。


そのため、保護者負担も考えなければならない。
というか、保護者負担しないとほぼ実現は無理である。

そこで、単純計算ではあるが、ざっくりと計算してみた。

耐用年数13年でペイすると考えると、年間約770万円
当資料の場合の生徒数は930人なので、保護者負担だけなら年間約8300円
学校予算とか自治体の補填とか諸々考えたら、単純計算とはいえ、不可能ではない金額なのでは...??
(当資料は高校であり、問題となっている小中学校は生徒数が少ないので、保護者負担額が増えるが、それでも子供の安全を考えれば問題ない金額だと考えられる)


設置費用なんてものは、負債を抱えて、先に設置して、後から払えば何とかなるので、今すぐにでも対処は出来るはずだ。 (そんな事は誰もが分かってはいると思うが)

では、一体何が問題なのか。

一番の問題は「保護者」であると考える。

結局保護者が動かなければ変わらない問題である。
しかしながら保護者は、
財布の紐を緩めない。手や足や口を動かさない。他人に任せきり。

「子供を守れ!保護者は負担したくない!国と自治体だけで頑張れ!後はよろしく!」

という姿勢のように思える。(実際どうなのかは知らん)

まとめ

哀しきかな、結局苦しむのは子供なんだと感じるところ、、、

余談

とはいえ、実際問題、マジで昔と比べて平均気温上がってきてるからどうにかしてほしい。

気象庁が出してる過去の気象データを見てみたが、ここ10年20年だけでも平均気温が上がってきているのがデータとして分かる。

www.data.jma.go.jp

これは岡山県倉敷市の、
僕が生まれた年である「1993年7月の気象情報」と、
暑い暑いと言われてる今年「2018年7月の気象情報」である。

f:id:hanakayui:20180719113504p:plain

f:id:hanakayui:20180719113520p:plain

たった25年でこれだけの変化がある事を、皆が知るべきである。

許容力の話

ついこの間、フォロワーさんと許容力の話になったので、
その時に頭の中に巡った話をさらっと。


話題としては、
・職場の人から「真面目にやろうとするからダメ」「良くしようとするからダメ」と言われる
・自分は真面目にしてるつもりも良くしようとしてるつもりはない
・適当に受け流せばいいとは思ってるけどそれができない
みたいな感じ。


こういうタイプの悩みは、許容力のある人にはよく見られる悩みに感じる。
僕の周りにもいるし、一番身近で言えば僕がそうである。

許容力とコップの話

許容力の話でよく出てくるのが、コップの例。
(以下は僕が適当に考えた例示)


自分が持ってるコップの容量は100cc。
他人から投げかけられた言葉が100cc。

コップから20ccだけ出して、相手から20ccだけ受け取るのもあり。

全く受け入れず、相手の言葉をそのまま吐き捨てるのもあり。

総とっかえで、コップから全部出して、相手の言葉を全部入れるのもあり。

特殊だけど、コップの中を煮詰めて濃くして、気化した事で空いたスペースに入れるのもあり。


もちろん、人によってコップの容量は違う。
100ccの人もいれば、50ccも200ccもいる。

人によって容量が違うのは、環境的要因や性格的要因など様々なものが孕んではいるが、
そのどれもが間違っているわけではないため、批判的になるのはお門違いであると言える。

許容力に大切な「取捨選択」「軸や基盤」「柔軟性」

言ってしまえば取捨選択
上記のような悩みを持ってる人は、取捨選択が下手といえる。

「コップの中も捨てたくないし、相手の言葉も捨てたくないし・・・」と立ち尽くしてる状態。

何を捨てて、何を取るべきか、きちんと考えられる事が大切。
(瞬時でなくてもいい。時間をかけても問題はない。)


あとは、「51ccは固定的に持っていて、49ccは流動的に変えられるようにしておく」
というように、自分の中に信念として固定的に持つ軸や基盤
また、状況に応じて流動的に対応できる柔軟性を持つことも必要となる。
(もちろん、人によっては50:50ではなく、30:70や80:20であっても良いと思う。)


つまり、「許容力があり、かつ、他人の言葉を受け流せない」という悩みの人は、
取捨選択が下手であり、軸や基盤がなく、柔軟性に欠ける」と言える。
(もちろん許容力があるのは素晴らしいし、現代人には少ない徳目なので誇るべきであるし否定するつもりもない。)

簡単な例:小学生時代の掃除の時間。

真面目に掃除をするAくんと、適当に掃除をするBくん。


 A「ちゃんと掃除しなきゃダメじゃん」
 B「昨日も掃除したし、目に見えて汚くないんだし、いいじゃん」


この時、

「いや、それでも掃除をしなければならない」
というのは、許容力がない。(ただし誠実であり正義があるように感じる)

「確かに、2日に1回でいいかもしれない」
というのは、許容力がある。(相手に譲歩できるのは見事なスキルである)

「じゃあ代わりに汚いところを掃除しよう」
というのは、応用力がある。(話は変わるが判断力があるので素晴らしい)

「だったら僕も掃除しない」
というのは、許容しているわけではなく放棄しているだけなので、良いとは言えない。


というように考える事が出来る。
最後以外はどれも素晴らしい事なので、あとは自分がどうありたいかだけである。

相手のコップを知る事も、また許容力

前述した通り、人によってコップの容量は違う=許容できる範囲や量が違う。

100ccしか持てない人に120ccの情報を渡しても、必ず20ccが溢れてしまう。
そういう時は小分けにして、30ccずつ渡すようにして、少しずつ受け入れてもらう。
受け入れる側も、少しずつ受け取って、一回一回きちんと昇華させていく。

これを、一方的に「120cc渡してんだから覚えろ」というのは、相手の事を考えれない自己中心的で傲慢な低能がやる事だ。
逆も然りで、「100ccしかねえのにそんなに言うなや」というのも、相手に歩み寄れておらず自己成長を妨げる原因となる。
(ここでいう「自己成長」とは、コップの容量を広げることである。)

お互いにお互いを知り、話し合い、擦り合せ、丁度いい按配でコップの中身をやりとりするのが大切。

討論や議論ではなく、対話をしよう

それぞれの違いについては、この辺りの記事が参考になる。

ameblo.jp

pineapple.blog

まず「討論」であるが、記事にもあるようにマウンティングである。
そこには許容力という言葉の欠片も見られず、むしろ信念を貫いた清々しい気概も感じられる。

次に「議論」であるが、何かしらの結論を出す事がゴールとなる。
自分や相手の意見を出し合って擦り合せ、集団として一つの結論を導き出す。
導き出した結論については、自分の意見が取り入れられる事があるものの、納得できない事も稀にある。

最後に「対話」であるが、結論を出さないのがルールである。
結論を出さないというのは、"集団としての結論"であり、"個人としての結論"とは異なる。
そのため、意見を出し合って擦り合わせても、自分の中で結論が導き出せれば、それが集団と合ってなくてもよい。
(もちろん、自分の中で結論が出なくても問題はない。)


つまり、「討論」は許容の欠片もなく、「議論」は疑念を孕んだ許容となる。
それに対して「対話」は、許容した上で自分の中でどう昇華するか考える事が出来る。

まとめ

許容するかしないかは、その人個人の問題だから気にしない。
許容する人を擁護するわけでも、許容しない人を卑下するわけでもない。

相手のコップの容量と用途を知り、
つまり、相手が許容する人なのかしない人なのかを見極め、
その上でこちら側がどういう対応をすべきか考える。

それと、自分のコップで他人を殴らないようにね。

西日本豪雨の災害ボランティアで岡山に行ってきた話

前回、前々回の記事でも言いましたが、ボランティアに行ってきました。
訪問先は岡山県。地元なのでね、、

7/11~7/15の5日間帰省していて、活動したのは7/11~7/14の4日間。
(何で最後の1日は行かなかったのかは後で書きます、、)

とりあえずざっくりと、やった事を書き連ねていきます。

1日目:真備・友人宅

事の発端は、友人に「豪雨の被害大丈夫?」と聞いたところから。
「避難してるけど、自宅が2階まで浸水した」と連絡が来たので、手助けせねば・・・と思って帰省を決めた。


朝早くの新幹線に乗り込み、岡山に移動。
岡山に着いてから友人宅に行くまでの足がなかったので、最寄りの自転車屋でママチャリを購入。
それからとぼとぼ向かって、友人宅に到着。

友人宅に向かう途中、
道路の路肩に積み上げられた家財の山や、
自家用車や物置がひっくり返っていたり、
「現実なんだな、、」と実感。


友人宅は、既に泥かきが終わり、1階の家財も運んだ後の状態だったので、僕が手伝ったのは2階部分の家財運び。
家の人や、他に手伝いに来てくれてた人と連携を取りながら、洋服タンスや畳を外に運び、1階にもまだピアノがあって、男4人でも微動だにしなかったので、ネジを一本ずつ外して、解体していったり。

2日目:矢掛・個人宅

幼馴染から「矢掛がボランティア足りてないらしい」との連絡を受けたので、幼馴染と一緒に矢掛に。

ボランティアセンターに行き、受付を済ませ、被災された方の自宅に向かう。
母屋と納屋があり、母屋は1階部分が浸水。納屋は床下浸水。
母屋は既に畳や家財が出された後だったため、納屋の掃除を担当。

3日目:総社・救援物資貯蔵庫

一人で総社市役所に行き、受付を済ませ、配属されたのが救援物資の貯蔵庫。
といっても、吉備路アリーナというスポーツ施設の体育館ではあるが、、
そこで、トラックで届く救援物資の荷入れ/荷出し/整理を担当。

4日目:下原・個人宅

またも一人で総社市役所に行き、受付を済ませ、配属されたのが下原地区。
ここの地区は、浸水被害だけでなく、ニュースでもあった「朝日アルミ産業」の爆発があった付近。
そのため、畳や家財が濡れているだけでなく、ガラス片が散らばり、瓦も落ちているような地区である。

ここでは主に畳の運び出しを担当。

5日目:休み

4日連続でボランティアして流石に疲れた。
後にも書くが、4日目には熱中症になりかけて、「あっ、ダメだ」ってなった。
しっかり休むのも大切ね。

初ボランティアで気付いた事

1.どこに誰と配属されるか分からない

ボランティアセンターや市役所に行ってからの簡単な流れは、以下のような感じ。

  • 受付
  • 待機
    • ボランティアの心得みたいな紙を渡されるので、それを読んでおく
  • 収集
    • 「○○地区で××が必要となっており、△△人必要です。行っていただける方挙手を」といった感じで、挙手制&指名制で配属が決定
  • 班長決め
    • 収集したメンバーから班長を決める
    • 班長はメンバーの取りまとめと、作業後に報告書を書く
  • 現地に向かう
    • 自家用車で個々人で向かったり、役所が用意してくれたバスでみんなで向かったり
  • 現地で作業
    • 決められた作業を行う(泥かき、家財運び、救援物資整理、交通案内など)
  • 役所に戻る
    • みんなで意見を出し合いながら、班長が報告書に書いていく

シャベルや軍手やマスクなど、大体の必要なものは役所に揃ってるので「現地に向かう」前に用意は出来るが、
実際どんな作業をするのかは「現地で作業」するまでは分からない。

「泥かきをするだろう」と思って持っていっても、家財運びがメインで全く使わなかったり、
「家財運びをするだろう」と思って行ったら、泥かきがメインでシャベルが必要だったり。


「事前に何をするか分からない、現地に行ってみないと何が必要か分からない」という状況なのは驚いた。
(それだけ現地は混乱していて、かつ、やる事が山のようにあるからだろうが)


とりあえずは、内閣府が出してるこの辺を参考にしてれば問題なし。
特集 防災ボランティア : 防災情報のページ - 内閣府

2.救援物資の偏りが凄い

3日目に救援物資の仕分け作業をしていたところ、結構偏り出てくるんだなぁ、、と。

多く感じたのが、

  • 赤ちゃん用オムツ・お尻拭き
  • 生理用ナプキン
  • 衣服

少なく感じたのが、

なるほど、と感じたのが、

  • ペットフード(犬猫用に必要だわな)
  • 歯ブラシ(水もまともに使えないから、大量に届いてたのはありがたい)


後から聞いた話だと「被災者の友達が救援物資にナプキンが少ないって言っててー」って話を聞いて、
需要と供給のズレどころか、救援物資の状況すら伝わってないのか、、、というところを感じた次第。

ちなみに、身分証明とかなくて自由に持っていって良いらしいので、被災者の人!ガンガン取りに来て!!!(7/14時点)

3.救援物資のダンボー

ダンボールに、中に何が入ってるか書いといてくれるとめっっっっっっちゃ助かる。
ブルゾンちえみさんもTwitterで言及してくれてて、とても助かる(ありがとうございます)

トラックから荷物がひっきりなしに届いて、仕分けるのに全部の中身確認しないといけないとなると相当時間かかりますからね、、
外に書いといてくれるだけで、とりあえず仕分けエリアに持っていっておいて、後から中身の確認して、って出来るから、助かる。

4.熱中症対策

4日目に下原に行った時、熱中症になりかけた。
指先がピリピリして、腕や足腰に力が入らず、倦怠感にも襲われた。

大体、こういう時はナトリウムが不足している、
ナトリウムが不足していると筋肉が痙攣を起こし始めたり、倦怠感が生じるというのは知っていた。
なので、集会所のようなところへ行き、「塩をくれ!」と懇願して、塩分チャージのタブレットを貰い、必要数以上を口に入れた。
すると、10分もしないうちに元気になった。


これだけでなく、知らない間に汗をかいて脱水状態になるので水分補給をしたり、
水分ばかり摂ると体内のナトリウムが薄まってしまうので塩分補給をしたり、
身体に熱がこもると排熱できなくなるので、血管を冷やしたりアイスを食べたり。

善意で行ったボランティアで熱中症になるのは元も子もない。
少しでもしんどいと思ったら、周りの人に声をかけ、休みを取るのが何より大切である。


こちらも、内閣府のページが参考になるかと。
熱中症は予防が大事! 「高温注意情報」や「暑さ指数」の情報を活用し、十分な対策をとりましょう | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

5.救援物資は被災者だけでなくボランティアスタッフのためでもある

「4.熱中症対策」でも書いた通り、ボランティアスタッフが倒れては意味がない。
水や茶、塩分補給タブレットなど、必要であればボランティアスタッフも使わせてもらおう。
(基本的には被災者向けなので、自分で用意するのが鉄則。玉切れの時はしゃーなし。)

最後に

現地は悲惨でした。
ただ、いち早く復興しようという気概も感じました。
もうしばらく大変かとは思いますが、被災者の方、頑張って下さい。
微力ながら応援させていただきます、、

異常事態発生時は性格が出る

昨日の続き+少しブログ寄り。

今回の記録的大雨もそうだし、
地震も台風もそうだけど、
こういう時に性格や本性って出ますよね、って話。

case001: ヤジさん

総社市長が「ボランティアチーム頑張ってます!」と投稿したところ、以下のようなリプライが。


「最低限の装備させてやってください」←まだ分かる
「マスクもさせないで作業させるとかありえないです」←何故批判的?
「水害による二次被害の事とか知ってますか?」←何故マウントを取る?


言いたい事は分かるけど、昨日の書いた通り、岡山県は全体的に自然災害が自然災害が少ない地域で、こういう緊急災害的な事にそもそも弱い自治体。
だから地元民はもちろん、自治体もそこまでの知識は持ち合わせてない。
あと、外野は調べる時間やら外からの情報も得られるだろうけど、現場はそこまで落ち着いてない。
外野から言うだけタダだからって、身を粉にして働いてる人に対して批判的な口ぶりは如何なものかと。
水害による二次被害と対策のリンクでも貼付して送りつけるだけでよいのでは、、

case002: 政権批判さん

安倍首相が災害対策本部を置かなかっただの、
当日飲み会をしてて、酔ってる状態で会見しただの。

この期に及んで政権批判ですか、、、
政治家が何もしてくれないなら民衆が立ち上がればいいだけなのに、政権批判ですか、、、
そうですか、、、、、

case003: 水上バイクお兄さん

悪い事ばかりではなく、良いことももちろん!

netgeek.biz

岡山県倉敷市で、一般人男性が個人所有の水上バイクで救助活動をしていたとの事。
戦隊モノのヒーローかよ、格好良すぎ、、、

case004: 責任丸投げお兄さん

で、水上バイクお兄さんの続き。

とあるツイートで
「こんな泥水で水上バイク使ったらポンプも傷むだろうに。
 それを厭わず活動してるんだから、メーカーは是非無償修理してあげてほしい。」


何でメーカー任せなの、、、
個人なり団体で募って、彼に修理費用なり新しいバイク代なり出せばええやん、、、

case005: こんな記事を書いてる20代男性

みたいな事をあれこれ書きながら、東京のコンクリートジャングルでぼけーっとしてる、どっかの誰かもまた然り。
今回は地元の被害だったから、ボランティアのために数日帰るけど、
これが地元じゃなかったら、また自分の行動も違うんだろうな、、、というのは非常にもどかしい。

もどかしいというのは、地元でなくても行きたい気持ちはあるけど、会社との兼ね合いがあるという話。
地元の被害だから有休取りやすいけど、地元じゃない全く知らない地域だと、その辺の調整がな、、、って考えてしまうもどかしさ。
それで結局足が動かないのは、また、度胸がない事の表れかもしれない。

そんなこんなで、

こういう時は、本人自身の性格が顕著に現れるし、
現場に立ってる側は特に敏感になるから、尚更定着して覚えてしまう。

緊急災害時は「不安を煽らない」「政治に頼らない」「民衆で団結する」
ふ・せ・みで覚えましょう。
(適当に考えただけで本来ある言葉ではない)

西日本豪雨による被害

先週から降り続く記録的豪雨の影響で、
西日本の各自治体で被害が多発してますね、、、


僕の地元である岡山も甚大な被害を被っています。
岡山県ホームページ トップページ


倉敷市真備町で、小田川の決壊により、自治体面積の3割が浸水。
緊急災害情報/倉敷市


総社市下原で、朝日アルミ産業の工場への浸水により、大爆発。
総社市ホームページ


岡山市高梁市美作市でも浸水被害が出てたり、
もう、ほぼ全域ですね、、、
大雨による被害状況(平成30年7月7日21時30分現在) - 岡山県ホームページ(災害対策本部)


家族や地元の友達に話を聞いてると、みんな揃って無事との事でとりあえず安心。
うちの実家も被害はなく、今まで通り過ごせているとの事で安心。

ただ、真備に住んでる友達の実家は1階が浸水したらしい、、


こういう時になると、救援物資やら義援金やらボランティアやらの話が出てきますが、
東日本大震災熊本地震でも取り上げられてましたが、自治体の情報に従いましょう。
個人からの受入れはしていないケースや、どこかで取りまとめられてるケースがあるので、
信頼できる情報源からの情報に従って動くのがベターです。


あと、岡山とか広島とか特にそうだけど、普段から降水量が少なくて自然災害も無いから、こういう時の被害対策が弱い。
経験がないから弱いのは仕方ないので、焦らず、他からの情報も仕入れながら、適切な行動を取っていきましょう。


交通機関の乱れとか、
物資の供給不足とか、
水害による二次被害とか、
雨上がりのジメジメ天気とか、
他にも色々大変だろうけど、現地の皆さん頑張って下さい、、。



とりあえず僕は、今度の三連休前にでも地元に帰って、
友達の実家の片付けの手伝いでも出来ればしてこようかなと思ってる、、
新幹線+在来線で移動できるのか知らんけど。


みなさんの無事を祈ってます。