頑張らないように頑張る。

怠惰と努力の狭間

言葉や単語が持つイメージ🗣

似たような言葉なのに、

使う言葉や単語によって、

印象ってガラッと変わるよね。


⚖️例1:「男女平等」

誰が言い出したのか分からない分からない言葉、「男女平等」

何で「平等」という単語をチョイスしたんだろうか。

「共生」ではダメだったのだろうか、「男女共生」


「平等」という単語には権利の主張のような力強さを感じる事ができるがその反面、天秤の均衡が取れない場合に安直な思考(相手の上皿から権利を剥奪したり、自分の上皿に有りもしない権利を上乗せする)に陥りがちであるとも考えられる。

一方「共生」という言葉には協力的で博愛的な優しい印象を感じる事ができ、困った時に手を取り合い、協力する時に手を取り合う。そんな印象さえ覚える。


🐜例2:アントマン「ピーナッツ」「ジェリービーンズ」

アントマンの主人公であるスコットには愛すべき一人娘がいる。 娘の名を呼ぶ時、吹替版で観ると「キャシー」と呼び、字幕版で観ると「ピーナッツ」と呼んでいる。

また、量子学の権威であり初代アントマンであるピム博士の妻ジャネットは、娘ホープの事を「ジェリービーンズ」と呼ぶ。


「ピーナッツ」「ジェリービーンズ」とは、子供を呼ぶ時の愛称のようなものであり、主にアメリカなどで用いられる。 小さくて甘くて可愛い。そんな印象からこう呼ばれているようだ。


愛称で呼ぶ事によって、我々観客は愛娘に対する愛情を存分に感じる事ができ、作中の人物の人となりをも感じる事もできるが、吹替版だとそれを感じる事が難しい。 (日本語には類語がないので仕方ないが。)


🕊例3:「死んだら負け」「いじめたら負け」

Twitterで見かけたツイート。

「死んだら負け」にはどこか哲学的・宗教的な意味合いを感じ取る事ができ、「いじめたら負け」はその中でも善悪に焦点を絞った倫理学的な一面を感じ取る事ができる。

というのも、「死んだら負け」には"被害者へのメッセージ性""加害者へのメッセージ性"の二面性があるように感じるからである。

"被害者"に対しては「強く生きよう」「生きてるだけで丸儲け」のようなメッセージであり、"加害者"に対しては「被害者が死んでしまったらお前は殺人に加担した事になり、それはつまりお前自身を殺す事にもなる」のようなメッセージを感じる。

一方、「いじめたら負け」は、"被害者への同情""加害者への罵倒"のようなものを感じられる。 同情も罵倒も"自分の感情"であり、"相手(被害者/加害者)の感情"を無視している。


"いじめる側"の人間は反社会的で残虐な性格がある一方、孤独感や焦燥感、臆病で貧弱な性格を持ち合わせており、それを埋めるかのように他人を陥れて権力を見せつける事で自己陶酔に浸ったりする。 そのため、自尊心を傷付けないように配慮し、否定せずに認めてあげる事が大切になってくる。 もちろん、ダメな事はダメと伝えないといけないが。

一方、"いじめられる側"は、そんな"いじめる側"から標的にされやすい、つまり地味で特徴がなく権力行使できそうな人を無差別的に選択して、その中の一人になってしまったに過ぎない可能性がある。 そのため、いじめられる環境から脱してあげる援助と、メンタルケアをしてあげる必要が出てくる。


このように、自分の感情を押し出すだけでなく、他者の気持ちに寄り添った言葉選びというのが大切なのである。


🔍「類語の探索」と「印象の検討」

言葉や単語には、必ずと言っていいほど類語が存在する。(もちろん固有名詞は例外)

その類語をいくつか抜粋し、相手に対してどう伝えたいのかによって、何を使うのか検討する必要がある。


例えば、前回載せた犯罪心理分析のプロファイリングの書籍。 この書籍には『レイプ』という単語が頻出する。 類語には「強姦」「強淫」「凌辱」「性暴力」などが挙げられるが、『レイプ』には卑劣な残虐性を感じ、人間の持つ先天的な倫理観直接的に力強く訴えかけて来るような印象さえある。

実際のところは著者でも翻訳者でもないため分からないが、犯罪心理分析という分野だからこそ『レイプ』という表現が生きてくるのが分かる。


🙂まとめ

もちろん言葉や単語に対する印象には個人差がある。

僕が感じている印象とは真逆であったり、はたまた全く別の視点が出てくる事もあるだろう。

今一度、言葉や単語が与える印象を認識し、口から出る前に噛み砕いてから世に放ちたいと感じるところである。

(「口から出る前に噛み砕く」って表現気持ち悪いな、、、)


🤔そんな事より、

前回に引き続き、マジで写真がない。。。

めちゃめちゃ昔に描いたなめこでも見てやって下さい。

f:id:hanakayui:20181019110412j:plain

今週末で解放されるから、次からは写真も適当に載せられる。はず。