頑張らないように頑張る。

怠惰と努力の狭間

2018年も残り5ヶ月になりました。

平静最後の夏ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

僕はほぼ毎日そうめんを食べて生きてます。

そして、遂に念願のブルーレイレコーダーAQUOSを購入して、
既に持ってたHDDと合わせて1.5TBトリプル録画が出来てテンション最高潮。
夜更かしが続いております。(ずっと眠い)

ふと、アイアンマンの事を思い出した話

アベンジャーズで、
キャプテンに「それを脱いだら君は何が残る」と言われて、
スタークが「天才、億万長者、プレイボーイ、博愛主義者」と返すシーン。


「博愛主義って格好良いな、、自分だったらどう答えるかな、、」と考えてみた、って話。
(この時のスタークは半分皮肉っぽく言ってると思うけど、実際スタークは博愛主義だと思う)

怠惰、タフ、素直、博愛主義者

怠惰

基本面倒臭がりで、面倒な事はやりたくない。
ただ、面倒な事を避けるために、面倒な事をする事はある。
プログラマの三大美徳の一つであるが、まさにそれ。

タフ

実際僕の事を見た事ある人なら分かると思うが、結構ひょろい。
ただ、見た目に反して打たれ強い。
忍耐強く、我慢強く、その場をやり抜く事は出来る。

素直

大抵の事は一旦素直に聞き入れる。
すぐに吐き出したりせず、一旦咀嚼してから飲み込むかどうか決める。
そういった意味では、冷静さも兼ね備えているとも言える。

博愛主義

そしてなにより、博愛主義である(言いたいだけ)
半分言いたいだけだが、献血やボランティアなど貢献心もあり、
素直と繋がる部分はあるが、受容力や寛容があり、万人を愛している。

自己分析

こういった自己分析は恥ずかしさもある反面、自分を見つめ直す良いきっかけになる。
番役立つのは就職や転職の時だろう。

また、恋愛のシーンでも役に立つと思える。
何故なら、これらは強みであるため、強みを全面に活かしたアピールが出来るからだ。
自分の強みを分かっている(というか自己分析が出来ている)人間は、大体モテる(自分調べ)

あなたも、是非この機会に、トニー・スタークのように4単語で自分を分析してみてほしい。

最後に

これから本格的に夏に入り、暑い日も続くかと思いますので、
皆さまに置かれましては、しっかり水分補給・塩分補給をして、熱中症・日射病にならないよう注意して、楽しい夏を過ごして下さい!