頑張らないように頑張る。

怠惰と努力の狭間

二次元と三次元と単純接触効果

こんな記事を見かけた。

omocoro.jp

2016年12月22日投稿...めちゃめちゃ昔の記事だった。

僕も昔はアニメをヲタクってたので、その辺も含めて今回は書いていく。

率直な感想

面白おかしく書いてるので、ネタとしてもオチとしても面白い。
ヲタク目線でも笑えるし、一般人目線でも笑える。

ただ、
一発かますくらいだと効かないのは当たり前だよなぁ、、、と思った。
ましてやカメラも入ってるし。

「魅力」とは

み‐りょく【魅力】
人の心をひきつけて夢中にさせる力。
https://kotobank.jp/word/%E9%AD%85%E5%8A%9B-640416

アニメを見ていると、少なからず魅力を感じる。

僕の場合は「らき☆すた」がきっかけ。
中学時代、寝れずにリビングに戻り、ふとTVを付けるとやっていた。
最初は「女子高生がお話ししてる」くらいの感じで見てたが、
次第にキャラ設定や相関関係に惹かれて、アニメの世界に足を踏み入れた。

単純接触効果(ザイアンス効果)

心理学の用語で「単純接触効果」「ザイアンス効果」という言葉を聞いた事があるかと思う。

単純接触効果(たんじゅんせっしょくこうか、英: mere exposure effect)は、(閾下であっても)繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果。
初めのうちは興味がなかったり、苦手だったりしたものも、何度も見たり、聞いたりすると、次第によい感情が起こるようになってくる、という効果。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%98%E7%B4%94%E6%8E%A5%E8%A7%A6%E5%8A%B9%E6%9E%9C

初めは興味がなかったアニメでも、何度も見る事によって、次第に魅力を感じて、惹かれていく。
これも単純接触効果の一つと言える。

他にもある対人魅力

心理学の本を読んでいると、他にも対人魅力に関する記述がある。

  • 物理的近接性
    • 近くにいる人ほど仲良くなる
    • 隣の席の人と仲良くなりやすかったり、ご近所さんと仲良くなりやすかったりなど
  • 熟知性
    • 単純接触効果、ザイアンス効果
    • 接触回数や接触時間が長いと好意を抱きやすくなる
  • 類似性
    • バランス理論、認知的一貫性理論
    • 同一対象に対して類似した態度を持つ人に対しては好意的な感情を抱きやすくなる
  • 好ましい特性
    • 好感をもたれやすい性格特性と、嫌われやすい性格特性がある。
    • アンダーソンによると、誠実・知的・信頼できる人は好かれ、嘘吐き・下品・意地悪な人は嫌われる

アニメで考えてみると、こんな感じ。(少し歪曲した表現もあるが...)
物理的近接性。画面を見ればいつも近くにいてくれる。
熟知性。見る回数が多いので、新たな発見も出来、より好きになる。
類似性。おそらく推している嫁は、何かしらの類似性があって"選んでいる"はず。
好ましい特性。自分自身は誠実にアニメと向き合ってる。=好かれたい。

話を戻す

「一発かますくらいだと効かないのは当たり前だよなぁ、、、と思った」と言ったが、
単純に考えて、
接触時間が長くて魅力に気付けているアニメと、
接触時間が短くて魅力に気付けていない女性、では比べ物にならないだろう。

ぽっと出の人間に魅力を感じろだなんて、一目惚れでもない限り難しい。

魅力に気付けるようになるには、近接し、熟知し、類似的な部分を見出す事が必要である。

(ちなみに持論だが、魅力は「感じるもの」でもあるが、「気付くもの」でもあると思っている。
というか、気付かないと感じないので、気付くのが大事である。)

もし、三次元に目覚めたいなら

「三次元に魅力を感じない。ただ、魅力を感じるようになりたい。」という感情があるのであれば、
時間の使い方を見直す必要がある。
まず、アニメとの接触時間と回数を減らす。
そして、三次元との接触時間と回数を増やす。
また、アニメ以外の部分(食べ物や飲み物、何でもいい)で、同じような反応をする人を探す。
「知的」という部分は難しいかもしれないが、「誠実」と「信頼」は態度で示せるので、これも試してほしい。
(アニメ以外の部分で類似性を見つけるというのは、アニメに固執してしまうと、また二次元に戻ってしまう可能性があるため)

何にせよ、時間はかかるし、覚悟もいる。

僕はゴリゴリのアニメヲタクだったわけではないので、すんなり三次元に戻ってこれたが、
中学がピークで、高校に入って部活や生徒会で時間が取られ、専門に入って学校行事やバイトで時間が取られていくうちに、アニメとの接触時間も回数も減ったので、今は全く見ていない。
その代わりに、お笑いを見る時間や回数が増えたので、今はお笑いに魅力を感じている。

まとめ

魅力というのは移り変わるし、色褪せない。
アニメが好きだった頃も良かったし、今は今でいいし、今後もきっと良いと思えるはず。

あと、それだけ一途になって魅力を探せる有能な人間なので、三次元に行っても生きていける。
今も今後もアニメ好きであってほしいし、三次元でも是非嫁を見つけてほしい。

何か、いつにも増して雑な締めになってしまった( '-' )