頑張らないように頑張る。

怠惰と努力の狭間

酒飲んだ後は、ラーメンでも味噌汁でも良い。

結構有名な話だと思いますが、一応記事にしておこうかなと。
忘年会シーズンですし。

そもそも、何でラーメンって美味しいのか

ラーメン美味しいですよね、食べると幸せになります。
麺の糖質。
スープの塩分。
そしてカツオや昆布、豚骨などに含まれる旨味。
最高です。

糖質を摂取すると「ドーパミン」が分泌されます。
高カロリーなものを食べると「β-エンドルフィン」が分泌されます。
どちらも脳内麻薬として有名ですよね。
そうです、ラーメンは麻薬です。(合法)

飲酒するとどうなるか

アルコールを摂取すると、

  • アルコール分解
    • 肝臓でアルコールを分解
    • アルコール分解には、糖分を要する
    • 体内の糖分が消費され、低血糖になる
  • 利尿作用
    • アルコール摂取により、水分や電解質(ナトリウムやカリウムなど)を、腸から身体へ吸収する力が弱くなる
    • 排尿による脱水にて、水分や電解質の排出量が増える
    • 結果として、脱水状態・低ナトリウム血症となる

つまり、飲酒すると「低血糖」「脱水状態」「低ナトリウム血症」。
こんな感じになる事がある、という事ですね。(必ずなるとは言ってない)

そこでラーメン

  • 低血糖
    • 麺の糖質で補えます。
  • 脱水状態
    • スープで補えます。
  • 低ナトリウム血症
    • スープで補えます。

また、カツオや昆布、豚骨などに含まれる旨味も効いてきます。
旨味成分で有名なイノシン酸」「グルタミン酸」「グアニル酸ですが、
このうちイノシン酸が、アルコール分解酵素の働きを助けてくれます。

ラーメン最高。

おにぎり+味噌汁でもOK

同じように考えれば、おにぎりと味噌汁でも十分ですよね。
おにぎりで、糖質補給。
味噌汁で、給水、塩分、イノシン酸

ちなみに、

チェイサーで水を飲む事があると思いますが、
それだけだと低ナトリウム血症は解消されないので、倦怠感が残ると思います。
(ナトリウムが欠乏すると倦怠感が出たり、筋肉痙攣したりします。最悪の場合死ぬ。)

という事で

飲み過ぎには注意しましょう。
ちなみに僕は、飲み過ぎてブラックアウトして、翌日相当な倦怠感に襲われ、昼間からラーメン食べました。(猛省)
ブラックアウトする前に食べましょうね。